親が子供にできることを探してみましょう。

勉強がはかどる環境作り~医学部予備校で効率的に勉強~

子供が何度も医学部に落ちる理由について

女性

「医者になりたい!」そう思う人は多いです。しかし、医者になるためにはまず狭き門の医学部に入らなければなりません。しかし、医者になる人以上に多くの浪人生が生まれています。もし、子供が浪人生になっても諦めずに医学部を目指すのであれば、どんなサポートができるのか考えていきましょう。

受験に落ちてしまう理由を把握しましょう

ただひたすら勉強するだけでは苦手分野を克服できない (予備校講師)

頭の良い人と悪い人というのは、脳をどう使ったかによって分けられると私は思っています。頭の良い人というのは自分に足りないものを探し、それをどうやって克服するかということに重きをおいて勉強しています。場合によっては、がむしゃらにやるのも有効な場合があります。しかし、その勉強方法で失敗したのならもっと別の方法を模索して自分に適した勉強方法を探しましょう。

浪人することにコンプレックスを抱いてしまっている (予備校講師)

浪人生の方で多くに共通しているのが、浪人ということにコンプレックスを抱いているということです。若い場合、そういった失敗に慣れていないのでよりショックが強くなってしまうんですね。こればかりは自分で立ち直るしかありません。まず、自分と向き合い、次こそ受かろうと前向きな気持ちになりましょう。

医学部は狭き門であり、毎日きちんとした勉強の積み重ねをすることで合格への道がひらけます。そのため、勉強方法やメンタル面に問題があった場合、合格は難しくなってしまいます。

受験で落ちた子供を支えるのが親の役目

子供が受験に失敗した時、落ち込んでいる子供を導いてあげるのは親の役目です。失敗して落ち込んでいる子供を励まし、導いてあげましょう。その中で、親がしてはいけないことが、一緒になって落ち込むことです。落ち込んでいる親を見ると、子供はますます自分の失敗を引きずってしまうものであり、余計に立ち直りにくくなってしまいます。ですので、親は努めて明るく子供を励まし、次に切り替えられるように支えてあげましょう。

今度こそ合格するために親ができること

受験で合格するためには、勉強だけではなく周囲のサポートも大事です。特に親にしかできないサポートは多く、正しいサポートを行なうことで子供が合格する確率は飛躍的に上昇します。ここでは、そんなサポート内容についてお話していきます。

勉強に集中できる環境を作る
親ができるサポートで特に効果があるのが、環境づくりです。例えば、空き部屋があるなら勉強部屋として一時的に子供に提供するという手段があります。自室で勉強しようとすると本やパソコン、テレビなど子供の集中を妨げるものが多く、勉強の効率が下がってしまうからです。また、その勉強部屋にカーテンはつけず、周囲から見えるようにすればさらに集中しやすくなります。
食事で子供の勉強をサポート
親ができる最大のサポートといえばやはり食事です。勉強前に食事を摂る場合、食べすぎて眠くならないように適量にしたり、胃に負担をかけすぎないように野菜中心にしたりするとよいでしょう。レシピ次第で子供のモチベーションを下げずに美味しく調理することが可能です。注意点としては、凝りすぎず、なおかつ栄養バランスよく作ることです。
医学部予備校を探す
家での環境よりも、更に良い環境の場所を見つけることもまた親の約目です。医学部予備校で勉強をすることで、独学よりも遥かに効率よく勉強することができます。もし、子供が医学部予備校に通いたくても親に気を使っていることもあるので、さり気なく提案してみてはいかがでしょうか。ただ、医学部予備校ならばどこでも良いというわけではなく、子供にあった勉強を行なう医学部予備校を探しましょう。
男性

このように、親ができることは主に環境面のサポートになります。勉強面のサポートに関しては医学部予備校に通わせるのが一番です。子供に適した医学部予備校を探し、浪人生活を集中して乗り切れるようにサポートしてあげましょう。

浪人を脱するための医学部予備校選び

ここでは、医学部予備校ではどのような勉強方法を行なっているのかを紹介していきます。基本的には個別方式を行なっていたり、通常通りの授業形式だったりと従来の専門学校と同じ勉強方法になります。

合格するための医学部予備校の取り組みについて

個別指導で解るまで教える
医学部予備校に通う人は、浪人生や現役高校生など様々な人がいて、それぞれスタート地点が違います。そのため、どこから勉強を始めるかが全く違うケースもあるため、個別指導形式の医学部予備校の数は多いです。個別指導形式の場合、自分のレベルに合わせた勉強ができる他、解らない所を解るまで勉強できるのでより効果的な勉強が行なえます。
一人一人に合わせたカリキュラムを作成
前述したように、浪人になった場合、一人一人のスタート地点が全く違います。そのため、全員バラバラの地点からスタートすることになります。そして、得意科目と苦手科目もみんな違います。そのため、学校によっては一人ひとりに合わせたカリキュラムで勉強を実施している予備校もあります。自分の苦手分野が明らかならば、その苦手分野を徹底的に勉強しましょう。
定期テストが充実
テストは自分の実力を試すために必要なものです。テストを行なうことで本当に学んだことが身についているのかを知り、良い成績を出すことで成長を実感しやすくなります。そのため、定期テストが充実している医学部予備校は本番である医学部入学試験において良い予行演習となり、本番でも落ち着いて取り組むことができるようになります。

費用に関する取り組みについても知っておく

医学部予備校は無料ではありませんし、学費も安くありません。そのため、入って後悔しないように色々と費用面について知っておきましょう。

高い費用を支払っているので絶対に合格できるようにサポートしてくれますか?
合格できるかできないかはその人の努力次第です。といっても、学校側はできる限りのサポートを行ない支援します。例えば、医学部予備校の中には1年で医学部に合格できなければ来年の授業料全額免除を行なっている予備校もあります。そのため、来年の予備校の授業料を気にせずリラックスした状態で試験に挑むことができます。
費用が高いので少しでも安くできる方法はありますか?
あります。医学部予備校によっては特待生制度というものがあり、学費を大幅に割引くことができます。条件としては、超難関の学校を受験する人を対象としており、成績が優秀であることが前提条件になっています。そのため、専門学校にこの制度があるかどうかを確認しておきましょう。
1年間の費用を一括で支払うのは厳しいので他の支払い方法はありますか?
予備校の中には月謝制の学校もあり、年間一括ではなく月々のお支払いを行なっている予備校もあります。また、一括で支払うのが難しい場合でも月々の収入かお支払いで授業を受けることのできる学校もあるので、年間一括が厳しい場合は月謝制の学校に通いましょう。

予備校の授業内容は、子供が医学部へ進学できるかどうかにおいて非常に重要な要素になっています。そのため、安易に選ばず熟考し、どこが一番良いのかということを考えて選びたいところでしょう。下記サイトでは、浪人生を持つ親のサポートをしてくれる予備校探しの情報がたくさんあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

浪人生を応援!合格率アップに繋がる医学部予備校のおすすめサイト

TOPボタン

Copyright©2017 環境の見直しで医学部へ~医学部予備校に通い合格を目指す~ All Rights Reserved.